恋愛に悩むすべての男性へ

その他の恋愛相談記事一覧

恋愛をしても心から人を好きになったことが無いと言う人をたまに聞きます。相手の女性から好意を抱いてもらったので、付き合う事はあるけど、付き合ったとしても心から相手の女性を好きと思ったことが無く、自分からも人の事を好きになることが無いという場合です。そんな時は無理して相手の女性のことを好きになろうとしない方が良いでしょう。無理に好きになろうと努力すると逆効果でどんどん相手に対して、不満が出てくる場合が...

好きな女性と良い所まで行くのですが、結局恋愛関係になる所まで発展しない場合があります。たまになら相手の女性と縁が無かったと思って終える事が出来るのですが、いつもそのパターンだと自分に何か原因があると考えるのが正解でしょう。女性が一番嫌がるのが、焦る男性です。早く結果を出したくて、女性と良い所まで行ったときに「自分の事を好きなのか!?」と猛烈にアピールしてくる男性は女性からしたら面倒になってくる場合...

昔からの付き合いのある女友達から告白されて迷っている場合のアドバイスですが、腐れ縁だと思っていたのであれば、付き合ってみるのも良いでしょう。相手の女性を女の人と見られない場合でも、友達として付き合ってきたわけです。友達として腐れ縁ながら付き合ってきたのですから、相手の女性を尊敬する事ができる部分が必ずあるはずです。これまでも良い友人関係を育んできたのですから、相手の事が嫌いでなかったら付き合って見...

交際をしているけど、好きでしょうがない相手とは限りません。恋人もいないで独り身になるのが耐えられなくて、ある程度好きな女性と付き合っている男性は多いものです。しかし、そんな交際をしていると生活が満たされずに直ぐに破局を迎えてしまう事でしょう。相手の女性もきっと貴方のそんな感情にすぐ気づくはずです。一人になるのが寂しいと言うのは、女性からしたら不順な動機にしかとる事ができません。付き合っているうちに...

好きな人が出来たとしても過去の恋愛を思い出してしまって、トラウマとなり付き合うというところまで踏み切る事が出来ない場合があります。そんな時は時間が解決してくれるのを待ちましょう。時間と言うのは色々な悩みを解決してくれるものです。過去の恋愛にトラウマがあって、人と付き合うのが不安な中でまた恋愛を始めてしまっては付き合っていても相手の女性に対して不信感を持ってしまいます。不信感を持ったまま女性と付き合...

「器の大きな男」という表現があります。この器の大きさというのも、女性にもてる男になりたかったら、備えておかねばならない重要な要素です。器というものは、その大きさに応じて、中に入るものが変わってきます。器が小さければ、それなりにしか入りませんし、器が大きければ、たくさん入るのです。ということは、器の大きな男はより大きなものを受容することができるのです。そして、いくら大きな器であっても、その器にひびが...

スポーツでも仕事でも芸術で何でも、基本というのが最も大切です。基本ができていないとその上積み部分はありえません。土台となる基本の部分がぐらぐらしたまま、上に応用を積み上げていっても、結局は崩れてしまったり、うまくつむことができなかったりしてしまいます。実際、どんな分野でも成功している人は、基本を徹底的に極めています。一見型破りにみえるようなことをしていても、それは、基本を極めているからこそ、あえて...

「好き」ということと「好かれる」ことは、似ているけれども異なります。「好き」は能動的感情で、自分の内界から湧いてくる感情です。自分の内界から湧いてくる感情なのだから、自分の力でコントロールできそうなのですが、これがなかなか難しい問題です。コントロールしようと意識すればするほど混乱してきます。ちょうど、禁煙中の人がタバコを忘れようと意識するような時、タバコを忘れようと意識すること自体、タバコを思い出...

誰かを好きになると「嫌われたらどうしよう」という想いが首をもたげてきます。その不安に心が揺さぶられどうにも落ち着かない気分になってきます。自分の行いを振り返ることは大事なことなのですが、自分に意識が向きすぎると、行動に不自然さが出てきます。恋愛心理とは少し違いますが、アメリカの社会学者クーリーは、他者を鏡として、その鏡に映った自分を通すことで自身のことを知ると言っています。つまり、相手の自分に対す...

一般的に黒色を好む女性は嫉妬深いと言われます。そして、性格はナイーブでデリケート。しかし、意志の強い面も持ち合わせています。黒い服装の女性というと、銀河鉄道999のメーテルをイメージしてしまいます。どこかミステリアスで、美しく知的な大人の女性を感じてしまいます。もし貴方の好きな相手が黒色を好むようでしたら、慎重に接近しなければならないでしょう。ファッションに茶色系が多く使われているようであれば、貴...

誰かを好きになると、普段感じていないような孤独感に襲われます。そのような孤独感を皆さんも何度となく経験されていることでしょう。本来、人間は孤独なものだといいますが、恋をすると、ことさら強烈に孤独感が心に刺さってくるようです。何故でしょう。それは孤独が、人と人との間や、人と対象物の間に存在する空間に触れた時に感じるものだからなのです。ちょっと哲学的になってしまいましたが、平たくいうとひとりでお笑い番...

今まで友達として付き合ってきた女の子に彼氏ができたことで、自分の気持ちに気づいたなんてことありませんか?いろいろ相談されるうちに、ジェラシーを感じ相手の男から彼女を奪還したい気持ちになることありますよね。今までなんとも思わなかったのに、いざ自分の手から離れるときに手放すのが惜しくなる感覚ですよね。ある意味それも恋なのかもしれません。近すぎて過ぎて見えていなかったたけのことなのでしょう。自分の気持ち...

好きな女性に、より効果的なアピールを期待するなら、まず、好きな女性の友人に対して、好印象を持ってもらえるようアピールすることです。好きな女性の友人に対してどのように印象づけたらいいかというと、「彼は能力のある人」「仕事ができる男」「IQ高そう」など、男として能力があることを印象付けておきましょう。人は最初に聞いた情報を信じやすく、貴方の好きな女性とその友人が会話をする時、もしかして貴方のことが話題...

取引先の女性を好きになったらどうしましょう。しかも、その取引先は自分の営業担当先だとしたら・・・正直やりにくいですよね。下手に告白して断られたら、営業マンとして会社訪問する時に、ぎこちなくなってしまうだろうし、でも、好きだという気持ちは本物だし・・・ほんと、どうしましょうね。そういう時には、まず、取引先の女性の男性上司と親しくなりましょう。直接攻め込むのではなく、外堀から埋めていくといいのです。男...

既婚者の男性だって誰かを好きになることがあるでしょう。例えば、会社の年下の女性や同僚など、今まで特に何も感じなかった女性が、会社の飲み会を契機に何となく気になりだして、ある時、ハッキリと恋愛感情を持っている自分に気がつき驚いたことありませんか。誰かを好きになる感情は理性では抑えられないものですよね。変な話ですが奥さんと結婚生活がうまくいっていれば、自分の感情を理性で抑える事もできるでしょう。しかし...

誰かを好きになった時に気がかりなのは、その女性に彼氏がいるのか、ということでしょう。好きな人がいると分かった途端、諦めの気持ちが首をもたげてきます。さてここで諦めた方がいいのでしょうか?それとも、彼氏がいいようがいまいが、お構いなしにフル・スロットルでアプローチした方がいいのでしょうか?結論から言うと、ケース・バイ・ケースと言う事になるでしょう。もし、その女性と彼氏との関係があまりうまくいっていな...