女性が好む暖色系で好感度UP

スポンサーリンク

あくまでも一般論なのですが、女性は暖色系を好み男性は寒色系を好む傾向があると言われています。また、暖色系を好む人は外向型、寒色系を好む人は内向型と考えられています。
ここで言う、外向・内向型は、社交的とか内気という意味ではありません。
心理学において、このような分けられ方は17世紀ごろから使われていました。


この内向・外向を人の気質の最も基本的なものとして重視したのが、有名な心理学者のユングです。
ユングは、外界に向かって働くタイプを外向性とよび、周囲の事象に注意と関心が向いておりそれを基準にして自分の態度を決定するタイプです。
簡単に言うと、流行や情報に敏感で、取り入れが早いのが特徴です。
いつも、自分の外側の情報に意識が向いていることが多く女性に多く見られるタイプです。

スポンサーリンク

逆に、内向型は自分の外の情報を一度自分の中に取り入れて、これまでの経験や知識から判断し行動しますので、外向型の人から比べると情報に対する反応がワン・テンポ遅くなるようです。
これって、男性に多いタイプだと思いませんか?このように、暖色系=女性=外向型は結びつきますね。


そのようなことから、女性に好印象を持って貰うために服装の中に暖色系の小物を活用します。
例えば、ワイシャツの柄を薄めの暖色にする。ネクタイの柄を控えめな暖色にする。
カジュアルな服装なら、ポロシャツを淡いオレンジにしてみるなど、暖色系の色をセンスよく取り入れてみることです。好感度アップ間違いありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加