好きな色から相手の心を読めますか?

スポンサーリンク

一般的に黒色を好む女性は嫉妬深いと言われます。そして、性格はナイーブでデリケート。
しかし、意志の強い面も持ち合わせています。
黒い服装の女性というと、銀河鉄道999のメーテルをイメージしてしまいます。
どこかミステリアスで、美しく知的な大人の女性を感じてしまいます。
もし貴方の好きな相手が黒色を好むようでしたら、慎重に接近しなければならないでしょう。


ファッションに茶色系が多く使われているようであれば、貴方の好きな相手は、落ち着きがあり控えめな性格の女性だと考えられます。
また、経済的な観念もしっかりしていて、ある意味現実派という感じもします。
結婚を考えるならピッタリの女性かもしれません。茶色は大地の象徴で、命を育み芽吹かせるという力をもっています。ベージュやアイボリーなど白に茶色を混合した色も茶色系に含まれます。
もし貴方の好きな相手が茶色系を好むようでしたら、自然体を心がけて接近するとよいでしょう。

スポンサーリンク

元川口順子外務大臣の頃、外交に臨む際に赤色を勝負服としてきたことから、赤色は勝負服というイメージができあがりました。
赤色の象徴は太陽や炎で、生命力、情熱、元気を表現する一方、危険な感じ、誘惑、派手さを感じさせるというマイナスの印象もあります。


赤に白が混合されたピンクになると、赤色の象徴やイメージより柔らかくなり愛情深さ、他者への配慮、気配りと女性ならではの性格傾向が強くなります。
しかし一方では、現実逃避傾向も強いと言われています。好きな相手の好みの色を分析してみるとヒントが見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加