彼女の性格を見極めておこう

スポンサーリンク

昔から「あばたもえくぼ」といいます。
「あばた」というのは、水ぼうそうが治った後に残る発疹の跡のこと。
「あばたもえくぼ」というのは、惚れてしまうと相手の欠点も長所に見えてしまうことの例えです。
よく似たことわざは「惚れた欲目」「惚れた病に薬なし」など、たくさんあります。
ことわざになるくらい、惚れた相手のことはひいき目に見てしまうということです。


恋愛するなら長く素敵な関係を続けていきたいものです。そこで、会話の内容から片思いの相手がどのような性格傾向にあるのか観察してみましょう。
人には必ずと言っていいほど「 口ぐせ」があります。
実は、口ぐせと同じように話題にも、その人の癖が出てくるものです。

スポンサーリンク

例えば、グループで会話しているときに片思いの彼女が「ねぇねぇ、聞いて聞いて・・この○○バーゲンで見つけたんだけど、最高でしょう?私って、掘り出し物見つけるの上手いんだよね」などと、みんなの話をさえぎってまで、自分の自慢話をするようであれば、見栄っぱりな性格、劣等感が強い傾向にあります。


自分の存在を相手に認めて欲しくてバタバタしている感じですね。
そういうタイプの人って、意外と自分の周りにいますよね。
また、話題が猫の目のように変わる、コロコロ変わる。このタイプの女性は、飽きっぽい性格、集中できない人。
でも一方では、好奇心旺盛、頭の回転が速く切り替えも早いタイプで、このタイプの女性は、恋人にするよりも親しい友人でいた方が楽しいタイプといえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加