告白タイムは密接距離の近接相で

スポンサーリンク

人間にも動物と似たようなテリトリーが存在し、そのテリトリーに侵入されると不快感情や恐怖感を覚えることがあります。
1番狭い空間は、密接距離の近接相で、約15センチ未満と言われています。
この距離に侵入されてもOKなのは、配偶者、恋人、乳幼児が対象になります。
同じ密接距離の範疇に、遠方相というのがあり、約15センチ以上45センチまでの空間です。
この空間に入ることが許されるのは、親子、恋人、親しい友人などに限られてきます。


片思いの貴方が彼女に告白して求めるのは、密接距離の近接相に侵入することを許可してもらう事になるわけです。
この距離は、お互いにお互いの体温を感じ、抱きしめるとか保護の関係が出来上がった空間になります。彼女に告白して、いきなりこの空間に入れるわけではありません。
まずは、固体距離の近接相から始まります。
この空間では、手を伸ばせば相手に触れることができ、手を繋ぐ程度の親しさにとどまります。

スポンサーリンク

何度かデートを繰り返し、手を繋ぐことから腕を組む関係になれば、お互いがお互いの密接距離の遠方相空間に侵入できたことになります。
手をつなぐ関係の固体距離空間では、友達以上恋人未満の関係ができますが、まだ特別な関係とは言えません。
この、パーソナル・スペース理論を提唱したエドワード・ホールは、物理的距離は心理的距離とかさなるとも言っています。


つまり、心理的に許したから物理的距離が縮まったということではなく、逆もまた真なりと言うことになります。
それならば、片思いの彼女に告白するときには、物理的距離から攻めていくという方法を使っても効果が期待できるということになります。
実際そのような実験もされていて、近くに座った男女の方が、離れて座った男女よりも親近感を感じやすいと言う結果も報告されています。
告白するときには、公園のベンチのように体を近づけて座れる場所をおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加