言葉力で片思いを成就する方法

スポンサーリンク

貴方がPC購入目的で大型電気店に行ったとします。
あれこれ迷っているときに「お客さん、これが最後の1台ですよ」と店員に言われ思わず買ってしまった、と言う経験はありませんか。
何でもそうですが、「これが最後の・・・」とか「もう残りわずか・・」とか言われると、これを逃しては損をするような気持ちになってしまい、つい買ってしまうケースは、意外と多いのではないでしょうか。


婚活パーティーで出会った女性に申し込みをして「今すぐ返事は出来ないので、もう少し時間をください」と言われたとき「あ〜、そうですか」と言葉を返すだけでは消極的すぎます。
もう少しパワフルに積極的にアプローチするなら、「お客さん、これが最後の・・・」が役に立ちます。どのように使うのかというと、「 そうですか分かりました。それでは、3日間だけお持ちしましょう」と、こちらから期限をスパッと切ってしまうのです。
何も「3日間」に限らず「 1週間」でもいいわけです。そこは臨機応変に。

スポンサーリンク

また、婚活パーティーで意気投合した女性と、パーティーが終わった後2人きりになるチャンスがあれば、彼女に次のように言ってみましょう。
「こんなに意気投合して楽しい事は滅多にないことです。
あなたになら、自分のことが分かってもらえそうな気がします」と。
ここで大事なのは「あなたになら・・・自分のことが分かってもらえそうだ」と言う部分です。
これは、男性が女性に対して使うことでより効果があります。


ひとつには、「この人は私がいなければ・・・」という、母性本能をくすぐる効果があります。
もう一つには「自分を必要とされている・・」という、自尊心をくすぐる効果があります。
婚活パーティーで意気投合した女性に「交際してください」と伝えるよりも、「あなたになら・・・自分のことが分かってもらえそうだ」と言った方が、効果的だということが分かってもらえましたでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加