好感度をアップする片思い作戦

スポンサーリンク

誰かを好きになって、はっきりと片思いを自覚する瞬間が切ないです。
好きになり始めの方が、彼女に自然な態度で接することができたのに、ある瞬間から、それがとてもぎこちない感じがしてきます。
ある瞬間というのは「彼女に嫌われたくない」「嫌われたらどうしよう」と思い始める尖端の瞬間です。


声をかけるのもドキドキするし、気を引きたいという思いを隠すのもしんどい。
彼女に会っているときは楽しい時間になるけれども、ひとりになると泣きたくなるくらいに切ない気持ちが湧いてきます。
普段なら恋占いなんて信じないのに、妙に恋占いを信じたい気分に駆られたり、テレビで流れてくる星座占いのラッキーカラーを信じてみたくなります。

スポンサーリンク

メールのやりとりが当たり前の現代です。
メールは片思いの彼女と親しくなるためのツールとしてとても便利です。便利だから簡単に使ってしまいますが、使い方を間違えると、片思いの彼女と親しくなるどころか失敗に終わってしまうこともありますので、気をつけたいものです。
どんなに権利でも、やはりメールは会話の補助的ツールと考えた方が良いでしょう。


そもそも、アドレスを教えてもらわなければ、メールを送る事は出来ません。
そのためにはまず、爽やかなあいさつを積み重ねて、片思いの彼女に自分の存在をアピールします。
目的を達成能力のある人は、奇抜な方法で責めることはしないそうです。
あくまでも正攻法を大事にしていくとか・・。
その意味でも、彼女に好印象を持ってもらうために時間をかけてアプローチしていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加