片思いマンネリ化対策

スポンサーリンク

片思いで居る時間が長くなれると、好きな相手の気持ちもなんとなくマンネリ化してきます。
特に、告白のタイミングを逃すと告白できるチャンスもうまくキャッチできなくなります。
だらだらと片思いを続けていくことは、自分の気持ちにも弾みがつかなくなる原因になります。
告白するにはそれなりの勇気が要るわけで、気持ちに弾みがなければ言い出せないものです。


では、どうしたら気持ちに弾みをつけることができるのでしょう。
まず、小さなアプローチをたくさん積み重ねる事です。
そして、次はどんなアプローチをしようかとイメージを膨らませながら楽しむことです。
例えば、今日は「おはよう」と明るく声をかけよう。
それができたら「いつも素敵だね」など気軽な褒め言葉を加えてみよう。

スポンサーリンク

このように、ほんの小さなアプローチを積み重ねていくことで、何時でも片思いの相手に対する気持ちに弾みをつけることができます。
はじめのうちは、彼女からは返事が返ってこなくても気にしないで、明るく挨拶程度の声だけをしておけばいいのです。挨拶をすることは、ごく当たり前のことなので硬くならずに自然体でいきましょう。一般論になってしまいますが、挨拶されて気分を害する人はいないようです。


明るい挨拶は好感度を上げてくれます。
しかも、相手に気づかれずに相手の心に入っていくことができます。声をかけるこちら側も、告白をするわけではないので緊張の度合いが少なくて済みます。さらに声をかけることやかけられることにお互いが慣れてきたら、次のステップへ進むことができます。
まずは、小さなことを積み重ねる中でチャンスを狙いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加