嫉妬心から気づく恋

スポンサーリンク

今まで友達として付き合ってきた女の子に彼氏ができたことで、自分の気持ちに気づいたなんてことありませんか?
いろいろ相談されるうちに、ジェラシーを感じ相手の男から彼女を奪還したい気持ちになることありますよね。
今までなんとも思わなかったのに、いざ自分の手から離れるときに手放すのが惜しくなる感覚ですよね。ある意味それも恋なのかもしれません。近すぎて過ぎて見えていなかったたけのことなのでしょう。


自分の気持ちに気がついてしまったのだから後戻りすることはできません。
諦めるか、すすむかのどちらかを選択する時・・・って言いますか、ここはひとつ、彼女と相手の男性との成り行きを見極める必要がありそうです。
しばらくは、彼女の良き相談相手になりながら様子を見ていきましょう。
様子を見ていきながら、本当に自分は彼女のことを好きなのかどうか、これから彼女とどのような交際をしていきたいのか・・・じっくりと考えていることがわ大事ですね。

スポンサーリンク

ジェラシーは客観的な判断を狂わせます。
つまり、ジェラシーを感じたことによって「自分は彼女のことが好き」 だと勘違いしてしまっている可能性もあるからです。
もしかしてこのジェラシーは、同性の友だちにも当てはまる感覚かもしれませんね。
つまり、何か自分の大切なものを、誰かにとられてしまうような感じがするのかもしれません。


そうだとしたら、彼女とは物理的な距離は短く、しかし、心理的な距離は少し広げて冷静に自分の気持ちを振り返って見られてはいかがでしょうか。
その結果、自分は彼女が好きなのだと確信がもてたら、時期を見て彼女に伝えてみるのもよいでしょう。それでダメだったら縁がなかったとあきらめることも大事なことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加